大吉不動産

お気軽にご相談・
お問合せください

2020年07月22日

下水を隣地に!?|昌社長の大吉日記|不動産投資コンサルティングの大吉投資不動産

大吉投資不動産の山本です。

毎日1度、物件更新情報と通勤のお供に大吉社長日記を配信しております。

昨日は久々に面接が終わった夕方から仕事しながら前田と1本だけ飲んでました。

飲みたい訳ではなく、いただいたビールが冷蔵庫を占領しているので、仕方なくです。仕方なく・・・・


またまた採用ネタしかないので、前田が以下代打で書きます。

ビール1本でほろ酔いになれるエコな前田でございます!

昨日はご契約予定の2物件の調査に行ってきました。

私は車を使用せず、電車、バス、徒歩で調査を行う派なのですが、長くテレワークをしていたせいか、体がなまっており、足が2回つりました。

今回仲介させていただく物件は少し変わっている点がありました。


それは







隣地の住宅の敷地へ下水を流している!!

前面道路の下水管や浄化槽であれば側溝に流している事が一般的ですが、隣地に流しているケースは初めてで、調査に時間がかかってしまいました。

あと問題がもう1点あり、所有者が変わっても隣地の所有者が下水の排水を承諾してくれるか。
という点です。

隣地の所有者に交渉したところ、最初は「継続利用はやめてほしい」と言われてしまい、私はここまでかと空を見上げました・・・・

空には昼にも関わらず、綺麗な月が出ており、ここで諦めたらダメだと言われている気がしました。

弁護士等にも相談をあおぎ、数日後、もう1度勇気を振り絞り隣地の所有者に連絡してみたところ、すでに所有者同士でお話をしていただいたようで、継続利用できる事となっておりました。(*^-^*)

今回も売主様から直接売却を委任され、公開せずにそのままお客様に手を上げていただいた物件ですが、物件により本当に色々あります。

こういう事を調査、解決することも仲介の役目だと思っております。


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

過去の日記はコチラ


日記の更新情報と物件掲載情報をLINEで配信しております。

LINE登録はコチラからお願いします!(毎日1回の配信です)


大吉投資不動産株式会社

代表取締役 山本高昌

代表取締役 山本 高昌



大吉投資不動産のFACEBOOK


大吉投資不動産のTwitter

 

この記事を書いた人

代表 山本

大吉不動産株式会社 代表取締役 2005年より不動産業に携わり、自らも区分のワンルームマンション投資や一棟アパート投資を実践している。 多くの不動産投資成功者を見る一方、初心者の失敗相談も多く受ける中、失敗する方を減らすため情報を提供しつつ、これから不動産投資を始める初心者の方を中心に不動産投資のいろはをお伝えしております。

記事一覧

成功に導くためのお役立ち知識

Topicsの
記事一覧はこちら
お問合せは
こちら
Page top