毎日新聞の西武信金の記事「耐用年数」について考える

2018年12月25日 更新

毎日新聞の記事で西武信金が耐用年数を無視して長期のローンを貸したという批判ニュースを出しておりますが、これは完全に記者の勉強不足ですね。

※ちなみに大吉では西武信金さんで一度も融資をしたことがありません。

そもそもの話、耐用年数とは「税務上」における、減価償却の元となる年数ですので基本的に融資期間とは無関係のものです。

 

そもそも担保にとって、融資をしている訳で例えば下記のAとBの場合、

物件価格1憶で融資額を1憶とした場合、

A:土地評価2000万 新築アパート

B:土地評価1憶 築30年の木造アパート

だった場合、Bの方が融資をしやすくなる訳です。

もちろん銀行により評価基準はがありますので、全部という訳ではありませんが、建物は古くなっていく中で、土地は変わりません。

 

ちなみにこんな記事を書いてる毎日新聞のビルは昭和41年のビルに36憶の抵当がついています。

 

 

この物件のお問い合わせはこちら

0369031577

不動産投資を成功させるために

巷に広がる間違った情報に惑わされずに、正しい情報を取捨選択することで、不動産投資の成功確率を高めることができます。

Line@やってます
物件リクエスト
個別相談
セミナー・勉強会
大吉物件情報
賃貸管理
Instagram facebook

よくあるご質問

不動産投資のことなら大吉投資不動産株式会社

〒171-0014 東京都豊島区池袋2-65-17 小川ビル2階

Facebookページへ

個人情報保護方針

© 2019 東京の大吉投資不動産 All Rights Reserved.