アパートとマンションの違い

2018年10月23日 更新

不動産投資初心者の方からのご質問で以外と多いのが、アパートとマンションの違いってあるんですか?

というご質問をお受けすることがあります。

 

雰囲気ではわかるけど明確な違いってあるの?

ということで色々調べてみた結果、名称による決定的な違いはないようですので、ここでは一般的に見ての違いをお伝えします。

 

アパートは一般的に木造や軽量鉄骨造の共同住宅を指すのに対し、マンションは重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造等の建物を指すことが多いように思います。

また、アパートと言われる建物の多くにはエントランスと言われるような共用スペースがほとんどありません。

一方マンションの方は、ポストや宅配ボックスが設置してある共用スペースがあり、最近では歓談できるようなスペースもあります。

 

このあたりはだいたい見た目の雰囲気でおわかりいただけるかと思います。

ただ、1923年に建築された、同潤会アパートも鉄筋コンクリート造で作られていたり、Wikipediaによりますと、沖縄では鉄筋コンクリート造の物件でもアパートと呼ぶそうですのでやはり完全に区分けすることは難しいようです。

 

投資用の物件を探す際は、おおよそ上記の木造・軽量鉄骨造はアパート、重量鉄骨・鉄筋コンクリート造はマンションで区分けされているケースが多いので探す際はご参考にしていただければと思います。

 

この物件のお問い合わせはこちら

0369031577

不動産投資を成功させるために

巷に広がる間違った情報に惑わされずに、正しい情報を取捨選択することで、不動産投資の成功確率を高めることができます。

Line@やってます
物件リクエスト
個別相談
セミナー・勉強会
大吉物件情報
賃貸管理
Instagram facebook

よくあるご質問

不動産投資のことなら大吉投資不動産株式会社

〒171-0014 東京都豊島区池袋2-65-17 小川ビル2階

Facebookページへ

個人情報保護方針

© 2018 東京の大吉投資不動産 All Rights Reserved.